園芸(植物関連)

園芸(植物関連) · 2022/05/18
冬の間室内に取り込んでいたアテモヤ。 葉の緑色が抜けて白い葉が多くなってしまっていたが外に出してからは徐々に回復しつつある。 白い葉の色が戻るというより、新しい正常な葉が出てきた。 ただし通常の葉よりも小さく、未だ本調子ではなさそうだ。 まるで小葉系のアテモヤにでもなってしまった様に見える。...

園芸(植物関連) · 2022/05/17
ビリバ3兄弟の現在である。 室内越冬していた際の葉はさほど落葉せずにそのまま残っている。 ここに来て新葉も出始めたようだ。 ビリバで注意しなくてはならないのは、新葉が非常に脆くほんの少し触れただけでポロリッと捥げてしまうこと。 鉢を動かす時に気を付けていても捥げた新葉が落ちていることがザラにある。...

園芸(植物関連) · 2022/05/17
どんどん新しい葉を出す小葉系ジャボチカバ。 元々葉数が多いので、枯れ葉の掃除が面倒だったけどやっと落ち葉も落ち着いたようだ。 ジャボチカバの新葉は最初赤味を呈しているので今は全体が赤っぽい状態。 知らぬ人が見たら秋の紅葉と見紛うかもしれない。 現在の状態は良いようだ。...

ヒツジグサ
園芸(植物関連) · 2022/05/16
零れ種の実生から育てているヒツジグサ。 育てる場所がないので外置きの観賞魚用の水槽に入れている。 夏場は結構陽が当たって高水温となってしまうのだが、不思議と枯れずに毎年葉を出す。 冬場は地下茎を残して地上部は枯れてしまうのだが、先ず春先に地表(と言っても水底面)に水中葉を出し、やがて水面に浮く睡蓮お馴染みの葉を伸ばす。...

園芸(植物関連) · 2022/05/12
どうも調子の上がらないジャボチカバ・ブランカである。 人生で一番高い植物の買い物だったので、結構大切に育てているつもりなのだが、どうも期待に応えてくれない。 現在の鉢に植えた当初から水捌けが悪く水遣りのタイミングが掴みにくい気がしていた。 いっそのこと植え直してもっと水捌けの良い土に入れ替えようかとすら思っていた。...

園芸(植物関連) · 2022/04/01
冬の間ずっと室内に入れて好調だった大葉系ジャボチカバ。 3月中旬に外へ出したところ葉焼けの為か、寒さの為か、みるみる葉が散りはじめた。 普通であれば大慌てせねばならない惨状だが、過去に水枯れで完全に枯死する寸前まで経験しているので、全く動じない。(笑) 既に其処彼処から新芽が吹いており、やがて勢いを取り戻してくれるだろう。...

園芸(植物関連) · 2022/03/28
冬の間ずっと室内に入れていた為なのか葉の緑が抜けた白い葉が目立つアテモヤ。 最近外に出すようになって直射日光による葉焼けが酷いが、それでも他の果樹に比べると葉の残存率が高い気がする。 相変わらず葉をぶら下げたようなやる気のない樹形であるが、これがコイツらのスタイルなのだろう。...

園芸(植物関連) · 2022/03/15
すっかり春の陽気である。 冬の間室内に取り込んでいたアテモヤを外に出すことにした。 いきなりの直射日光では葉焼けしてしまうので、本来ならば徐々に慣らしていかなければならない。 しかしそんな気力は残っていなかったので、荒療治となってしまった。 まあそれくらい室内では邪魔だったのだ。(笑)...

園芸(植物関連) · 2022/03/15
すっかり春の陽気である。 冬の間室内に取り込んでいたビリバを外に出すことにした。 いきなりの直射日光では葉焼けしてしまうので、本来ならば徐々に慣らしていかなければならない。 しかしそんな気力は残っていなかったので、荒療治となってしまった。 まあそれくらい室内では邪魔だったのだ。(笑) 案の定葉焼けして縮れてしまう葉が続出した。...

小葉系ジャボチカバ
園芸(植物関連) · 2022/03/12
小葉系ジャボチカバの現在の様子である。 冬の間ずっと室内に取り込んでいたのでやや調子を落としているが、春の訪れと共に復活するだろう。 静岡のジャボチカバ園で嬉々としてジャボチカバ狩りをしてから早10年が経とうとしている。 そこから得た種を蒔いて早10年と言うことだ。 自分自身には色々な事があった。...

さらに表示する