【0日目】アテモヤを食って蒔く。

実はアテモヤ栽培には一度失敗している。

前回はネットで種子を購入してスタートした。

リベンジするに当たり、種ではなく果実からスタートしようと企てた。

沖縄のアテモヤ栽培農家のオンラインショップからアフリカン プライドと言う品種を購入した。

丁寧に梱包された如何にも大切に育てられたであろうアテモヤは何とも言えないトロピカルな風味だった。

日本の果物とは一線を画する不思議な甘さ、美味さだった。

そしてお目当ての種子をゲットして早速蒔いた。

前回の経験からアテモヤは単胚性。

従って親と同じ形質を引き継ぐことは極めて難しい。

恐らく釈迦頭やチェリモヤへ先祖返りしてしまうかも知れない。

 

播種から撮影日まで:0日