Amazon恐るべし

今朝Amazonから新生活セールの案内メールが届いた。

自分は長年のAmazon超ハードユーザーだが、広告メールが来たのはコレが初めてだ。

 

一瞬Amazonもクソ企業に成り下がったかと失望しかけたが、よくよく考えてみると最近ブルーエアのフィルタの定期購入を契約したばかりだった。

どうやらその時に広告メールをオンにしてしまったらしい。

 

自分的にはこうした意図せず広告メールをオンにしてしまう仕組みを持っている時点でクソ企業認定だ。

 

しかしココからAmazonの本当の凄さを痛感することになる。

 

メールのフッターに「メール配信停止はこちら」のリンクが貼ってあり、押した瞬間にメール配信停止が完了した。

経験上、数多の広告メールの約1割にしかメール配信停止リンクは存在しない。

あったとしても、Webサイトへ飛ぶだけで、異常に分かりにくい配信停止作業が必要となる。

極々少数だけが、メール配信停止処理が直ぐに始まるに過ぎない。

しかもその場合でも、停止理由を書かされたり、本当に停止して良いかを念押しされる。

 

Amazonの顧客第一主義の徹底ぶりが如実に現れたと言って良いだろう。

流石はあのAppleすら採用した「今直ぐ買う」ボタンを発明した企業である。

 

Amazon恐るべし...